.title | oneline | remove_emoji | tag_strip %> " />

2010年12月28日

毛虫のかぶれ効く薬

毛虫は、見た目に気色の悪く、
自分から近づく人は少ないですが、
知らず知らずのうちに、毛虫に触れていて、
かぶれを起こすこともあります。

マッサージ 吹田に毛虫にさされて、
悲劇にあった方もいます。

毛虫にさされたら、
まず流水でよく洗い流してください。

石けんは使用しないで下さい。

だめな理由は、水と違い粘度が高く泡を作るので、
菌が流れず、石けんの泡の中に、
患部から抜けた毒毛が入ってしまって、
別の場所に、とびちってしまいます。

かぶれ効く薬としては、抗ヒスタミン剤などがありあます。

これは、かぶれに効果的な塗り薬です。

私の友人はこの薬を使いやたらと、効いたらしいです。

東京 出張マッサージの方もこのやり方で、
効果があったらしいですよ。

一般の塗り薬にも「抗ヒスタミン剤」と、
呼ばれるものがありますが、抗ヒスタミン剤といっても、
色々な種類があるので、ドクガに効く薬と聞いた方が良いでしょう。

その他、毛虫のかぶれ効く薬としては、
ステロイド系の薬が良いようです。

この薬の場合は、「うすーくうすーく塗ってくださいね!」
っと言われると思います。
posted by moenonies at 18:46| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

階段事故の防止

国民生活センターが、1992年8月〜2000年3月に、
調査した結果によると、家庭内事故は、
「階段」が毎年1位になるようです。

階段のケガで、最も多いのは「擦過傷・挫傷・打撲傷」(65.0%)、
その次に「骨折」(15.9%)家庭内の骨折事故のうち
「階段」は、なんと23.9%も占めています。

そんな、階段の事故を防止する方法として、
手すりを設置する方法があります。

家庭での階段事故を防止する為に、
手すりの設置を考えてみてはいかがですか?

〜階段事故の防止方法〜

・手すりを設置して防止
段差のある場所や、動作的に必要になる場所には、
手すりを取り付けて転落を防止しましょう。
手すりを設置すれば、とっさのときにつかまることができます。
設置すれば、転倒・転落を防止に高い効果があります。

・手摺には下地補強
手すりにつかまったのに、身体を、
支えきれなかったという事例もあります。
手すりをつける場所には、下地補強が必要となります。
手摺は、下地補強のある壁に、固定させましょう。

・手すりを取り付けるのは左右どちら?
階段の事故は、下りのほうが多く起こります。
理想は両側に設置ですが、片側のみに手すりをつけるときは、
下りの時に、利き手側になる方に取り付けるようにしましょう。
posted by moenonies at 20:23| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

幼児のいたずら対策

赤ちゃんは、動き出すと、
色々なことに興味を示します。

最近、子供が生まれた出張マッサージ 上野の店員さんも
幼児のいたずらに困っているようです。

今回は、そんな赤ちゃんを、
怪我から守る幼児のいたずら対策をご紹介します。

きちんとした、いたずら対策をしないと、
安心して品川 マッサージを楽しむこともできませんよね。

〜幼児のいたずら対策〜

・電気コード
電気コードは、延長コードを駆使して、
幼児の手の届かない、壁伝いに回すようセットします。
また、床を這わせるコードカバーを、
床の色に、近いものを選びましょう。
コンセントには、ベビーグッズ売り場で、
販売されているコンセントカバーを利用します。

・AV機器
ビデオデッキは、ガラス扉付のケースに入れて、
ベビーグッズの開き戸用ロックを使用しましょう。
下段にCDケースや、ウーファー、
上段にアンプやCDデッキをいれましょう。
アンプのスイッチを、ランチマットで覆って、
見えないようにするだけでも、いたずらの回数は減ります。

・本棚
すだれを、横にして巻いておきましょう。
安価で、開閉もしやすいのが利点です。
片方を壁にはさみして、動かして開ける方も、
何かで押さえておくとよいです。
posted by moenonies at 19:09| 赤ちゃんの怪我・対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

赤ちゃんの「やけど」対応

乳幼児(赤ちゃん)の皮膚は、大人の皮膚に比べると、
薄くて弱く、「やけど」すると、
すぐに水ぶくれになってしまいます。

乳幼児(赤ちゃん)の「やけど」は、
軽い「やけど」であっても、どんどん進行します。

もし乳幼児(赤ちゃん)が、「やけど」をしたら、
流水で20分以上、十分に冷やして対応して下さい。

顔などの、直接水をかけられない「やけど」の時は、
冷やしたぬれタオルを、使って冷やし続けるようにします。

市販で売っている、冷えるシートなどは、
「やけど」の対応には、適さないので使用してはいけません。

また、服を着たまま、湯船に落ちるなどして、
やけどをした場合は、服を着せた状態で冷やして対応します。

服を、無理に脱がせると、
皮膚も一緒に、剥がれてしまう可能性があります。

やけどの範囲が大きい、皮膚が白くなったor黒くなった場合は、
すぐに、救急車を呼んで、病院連れて行ってください。

医師に聞かずに、自己判断で、
やけどの処置をしない方が良いでしょう。

水ぶくれができてしまったも、絶対に潰してはいけません。

潰した部分から、ばい菌が入り化膿するからです。
posted by moenonies at 19:17| 赤ちゃんの怪我・対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

子供が骨折した時の症状・対策

子供が骨折した場合は、大人の場合と同様、
骨折した部分が、動かせなくなります。

私もマッサージ 渋谷で、働いていたときに、
誤って骨折したことがあるので、その痛さが良く分かります。

腕や脚を骨折すると、
骨折した部分に力が入らなくなり、
腕を、だらりと垂らした状態や、
座り込んで、起き上がれない、
といった状態になります。

また、完全に断裂(ポッキリと折れる)の場合は、
骨折部位は、明らかに変形して、ひと目でそれと分かります。

完全な断裂や破砕(細かく砕ける)による骨折は、
内出血が起こり骨折部位が変色して、
やがて、腫れ上がってきます。

ただし、骨折部位が、腫れ上がるまでは、
皮膚の変色が、単なる打撲による
「あざ」くらいにしか見えないときもあります。

また、「ひび」が入った状態のときも、
程度によって、骨折と判断できない場合があります。

しかし、このような場合でも、
骨折部位を押すと、打撲とは思えない大きな痛みを感じます。

心地よく東京 出張マッサージを受けるには、
骨折なんてしていたら、ダメですよね。

大きな痛みを感じる時は、骨折の可能性を疑って、
できる限りの応急処置を行なって、
病院へ連れてゆくか、救急車を呼びましょう。

骨折かどうか判断できないときは、
すぐに応急処置を施すのが、救急治療の原則です。

もし骨折を見逃してしまうと、
症状が悪化して大きな手術が必要になったり、
後遺症を残したりすることになります。
posted by moenonies at 20:04| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

赤ちゃんの転落を防止する

赤ちゃんの転落や、転倒は、
命に繋がる危険な事故に発展します。

赤ちゃんの頃は、特に落ちる事故が多く、
ベビーベッドや、ベビーカーから、
転落というケースが、数多く見られます。

また、赤ちゃんは、その行動範囲が広がると、
いすの上、階段、ベランダの柵など、
転落の危険度が高くなる場所に移動してしまいます。

赤ちゃんは、体に比べて頭が大きくて重いため、
バランス感覚が十分に発達していないので、
落ちるときは、頭から落ちやすいです。

事故が起きないよう注意して、
家具の角や、ガラスにぶつけないように、
部屋の中の安全対策をしましょう。

玄関のたたきや、階段、ベビーカー、ベランダ、
自転車の補助いす、出窓、ソファ、ベビーベッド、
すべり台、ブランコなど、赤ちゃんから見た、
高い所は私達の身近にあります。

はいはいができるようになったら、
危ない箇所はゲートをつけるなどして、
対策・防止を施しましょう。
posted by moenonies at 18:10| 赤ちゃんの怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

膝の怪我、膝靱帯損傷の克服

膝靱帯は、一度怪我してしまうと、、
古傷として、一生持ち続けると言われています。

大好きなスポーツを思いっきり楽しむためには、
テーピングやサポーターを、上手に使用して、
膝に極力負担がかからないようにする事が大事です。

テーピングや、サポーターを選ぶときは、
膝のどの場所を守るかによって、
その種類が変わる場合があるので、注意しましょう。

また、運動の前には、準備運動をしっかりして、
筋を伸ばすことが大切になってきます。

もし、伸ばしてみて痛みが出るようであれば、
靱帯が硬くなっている証拠です。

こまめに、慎重に伸ばしていきましょう。

膝靱帯の悪い部分は、筋力トレーニングすることで、
膝関節の負担を、減らることができます。

膝の靱帯を、切るなどの怪我をした、
スポーツ選手などは、周りの筋肉を鍛えることで、
膝の怪我を克服する人がいます。

二度と膝の怪我を、再発しないように、
身体に変えていきましょう。
タグ:膝の怪我
posted by moenonies at 19:26| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。