.title | oneline | remove_emoji | tag_strip %> " />

2010年11月18日

禁煙、ニコチンガムの使い方

「タバコは身体に悪い」もはや現在では、
常識になっていることです。

タバコの値上がりを期に、
禁煙にチャレンジする人も増えているようです。

そんな禁煙グッズのひとつとして、
「ニコチンガム」というものが存在します。

ニコチンガムは、禁断症状を和らげる効果がありますが、
普通の「ガム」とは違って、使用するのに、
いくつかの注意点が存在しています。

まず、ニコチンガムは、通常のガムとは異なり、
噛み続けるものではありません。

むしろ、噛まない時間の方が圧倒的に長いです。

使い方をまとめると…

@一回で、噛む回数の目安は5〜10回
 (噛む時はゆっくりと噛む)

A噛んだガムは、歯茎と頬の内側の間にいれて5〜10分おく

Bその後、5〜10回噛んでから、
 約30分〜60分繰り返してガムを捨てる

C沢山の唾液出てきたら、吐き出す

ニコチンガムは、通常のガムとは違い、
噛むことが目的ではありません、

口の中の粘膜に、ガムを接触させることが、目的なのです。


また以下の項目に該当する人はニコチンガムを使用できません。

・当り前ですが非喫煙者
・妊娠中の人
・授乳中の人
・心臓病の人
・別のニコチン製剤を使用している人
・うつ病の人

禁煙の道のりは、決して楽なものではないようですが、
禁煙を成功させた見返りは、大きいのは間違いありません。

喫煙者の肩身が狭くなっている今、
喫煙者の方は、これを期に喫煙してみては、いかがですか。

posted by moenonies at 18:21| 健康法えとせとら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。