.title | oneline | remove_emoji | tag_strip %> " />

2010年12月09日

膝の怪我、膝靱帯損傷の克服

膝靱帯は、一度怪我してしまうと、、
古傷として、一生持ち続けると言われています。

大好きなスポーツを思いっきり楽しむためには、
テーピングやサポーターを、上手に使用して、
膝に極力負担がかからないようにする事が大事です。

テーピングや、サポーターを選ぶときは、
膝のどの場所を守るかによって、
その種類が変わる場合があるので、注意しましょう。

また、運動の前には、準備運動をしっかりして、
筋を伸ばすことが大切になってきます。

もし、伸ばしてみて痛みが出るようであれば、
靱帯が硬くなっている証拠です。

こまめに、慎重に伸ばしていきましょう。

膝靱帯の悪い部分は、筋力トレーニングすることで、
膝関節の負担を、減らることができます。

膝の靱帯を、切るなどの怪我をした、
スポーツ選手などは、周りの筋肉を鍛えることで、
膝の怪我を克服する人がいます。

二度と膝の怪我を、再発しないように、
身体に変えていきましょう。
タグ:膝の怪我
posted by moenonies at 19:26| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。