.title | oneline | remove_emoji | tag_strip %> " />

2010年12月14日

子供が骨折した時の症状・対策

子供が骨折した場合は、大人の場合と同様、
骨折した部分が、動かせなくなります。

私もマッサージ 渋谷で、働いていたときに、
誤って骨折したことがあるので、その痛さが良く分かります。

腕や脚を骨折すると、
骨折した部分に力が入らなくなり、
腕を、だらりと垂らした状態や、
座り込んで、起き上がれない、
といった状態になります。

また、完全に断裂(ポッキリと折れる)の場合は、
骨折部位は、明らかに変形して、ひと目でそれと分かります。

完全な断裂や破砕(細かく砕ける)による骨折は、
内出血が起こり骨折部位が変色して、
やがて、腫れ上がってきます。

ただし、骨折部位が、腫れ上がるまでは、
皮膚の変色が、単なる打撲による
「あざ」くらいにしか見えないときもあります。

また、「ひび」が入った状態のときも、
程度によって、骨折と判断できない場合があります。

しかし、このような場合でも、
骨折部位を押すと、打撲とは思えない大きな痛みを感じます。

心地よく東京 出張マッサージを受けるには、
骨折なんてしていたら、ダメですよね。

大きな痛みを感じる時は、骨折の可能性を疑って、
できる限りの応急処置を行なって、
病院へ連れてゆくか、救急車を呼びましょう。

骨折かどうか判断できないときは、
すぐに応急処置を施すのが、救急治療の原則です。

もし骨折を見逃してしまうと、
症状が悪化して大きな手術が必要になったり、
後遺症を残したりすることになります。
posted by moenonies at 20:04| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。