.title | oneline | remove_emoji | tag_strip %> " />

2011年01月13日

アブとハチの違い

アブだと思っていた虫が、ハチだったりすると、
刺されてします恐れがあります。

昔、オイルマッサージのスタッフの方も、
その違いに気がつかずに酷い目にあったようです。

ハチとアブはよく似ていますが、
実は、慣れれば簡単に、その違いを、
見分けることができるのです。

福岡 マッサージを利用している時に、
アブが入ってきても慌てないように、
その違いを認識しましょう。、

ではアブとハチは、どこがどう違うのでしょう?

慣れてくると飛び方や体型で、見分けがつきますが、
感覚的なことは、説明しにくいので、
今回は、ハチとアブの形の違いを説明します。

ハチはアブに比べると腰の部分が細くてスマートです。

顔の違いを見ると、ハチの触覚はアブよりも、
長いのですが、複眼はアブの方が大きくて目立ちます。

また、ハチは4枚翅なのに対して、アブの翅は2枚です。

何よりも、アブには針がないので、
刺される心配がありません。

ただし、中には血を吸う
アブもいますので、ご注意して下さい。

アブの特徴を、よく見ると、
アブはハエと同じ特徴を持っていることが分かります。

実はアブは、ハエの仲間なので、
模様などをハチに似せてハチのまねをしているのです。

アブを見て、ハチだと怖がっている人は、
アブにだまされているんです。

だまされたりしないよう、
一度じっくりとアブを観察してみましょう。

だだし、ハチは危険なので、間違ってハチに、
手を出さないように注意して下さいね。
【関連する記事】
posted by moenonies at 17:16| 虫刺され | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。