.title | oneline | remove_emoji | tag_strip %> " />

2011年01月21日

爪の怪我

爪を怪我した時に、骨折等の疑いがあれば、
すぐに病院に行くようにしましょう。

たとえ骨折しなくても、怪我した時に
爪の中に出血があると、かなりの激痛がします。

爪の中に出血は、消毒なども出来ないので、
放置すると2〜3日には痛みと戦い続けることになります。

爪の下に血がたまる症状は、
爪下血腫(そうかけっしゅ)と呼ばれています。

血が抜ければ、辛い痛みは一気にとれるので、
病院などで、治療して貰いましょう。

病院では、注射器用の太い針で、
爪に穴を開けることが多いです。

治療の方法を聞くと痛そうに思いますが、
爪を怪我して、中に血がたまってしまうと、
その間、痛みに耐え続けなくてはいけません。

素直に病院で、爪の治療をして貰いましょう。

また、指の腹まで腫れている場合は、
骨が割れている事もあります。

すぐに病院にいかれたほうがよいでしょう。
ラベル:怪我
posted by moenonies at 17:00| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。