.title | oneline | remove_emoji | tag_strip %> " />

2011年01月07日

スズメバチに刺されたら

いくら、刺されないようにいくら注意していても、
不幸にも、スズメバチの被害にあう人は少なくありません。

もし刺されてしまったら、必要以上に不安がらずに、
落ち着いて次のように行動しましょう。

スズメバチに刺された場所が巣の近くの場合は、
速やかにその場所から離れてください。

離れる時は、少し身をかがめるようにして,
姿勢を低くして逃げて下さい。

安全な場所に移動したら、
傷口を流水(水道水など)でよく洗い流し下さい。

また、手で毒液を絞り出すようにすることも重要です。

口でスズメバチの毒を吸い出していけません。

口内に傷があると傷口から体内に入るので危険です。

刺された患部には虫刺されの薬を塗ります。

その際、アンモニアは、
全く効果がありませんので注意してください。

 以上の処置を施したら、できるだけ速やかに、
医療機関を受診してもらって下さい。

ちなみにハチ刺傷に対する治療は、
対症療法が中心なので、特効薬はありません。
posted by moenonies at 18:13| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

毛虫のかぶれ効く薬

毛虫は、見た目に気色の悪く、
自分から近づく人は少ないですが、
知らず知らずのうちに、毛虫に触れていて、
かぶれを起こすこともあります。

マッサージ 吹田に毛虫にさされて、
悲劇にあった方もいます。

毛虫にさされたら、
まず流水でよく洗い流してください。

石けんは使用しないで下さい。

だめな理由は、水と違い粘度が高く泡を作るので、
菌が流れず、石けんの泡の中に、
患部から抜けた毒毛が入ってしまって、
別の場所に、とびちってしまいます。

かぶれ効く薬としては、抗ヒスタミン剤などがありあます。

これは、かぶれに効果的な塗り薬です。

私の友人はこの薬を使いやたらと、効いたらしいです。

東京 出張マッサージの方もこのやり方で、
効果があったらしいですよ。

一般の塗り薬にも「抗ヒスタミン剤」と、
呼ばれるものがありますが、抗ヒスタミン剤といっても、
色々な種類があるので、ドクガに効く薬と聞いた方が良いでしょう。

その他、毛虫のかぶれ効く薬としては、
ステロイド系の薬が良いようです。

この薬の場合は、「うすーくうすーく塗ってくださいね!」
っと言われると思います。
posted by moenonies at 18:46| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

階段事故の防止

国民生活センターが、1992年8月〜2000年3月に、
調査した結果によると、家庭内事故は、
「階段」が毎年1位になるようです。

階段のケガで、最も多いのは「擦過傷・挫傷・打撲傷」(65.0%)、
その次に「骨折」(15.9%)家庭内の骨折事故のうち
「階段」は、なんと23.9%も占めています。

そんな、階段の事故を防止する方法として、
手すりを設置する方法があります。

家庭での階段事故を防止する為に、
手すりの設置を考えてみてはいかがですか?

〜階段事故の防止方法〜

・手すりを設置して防止
段差のある場所や、動作的に必要になる場所には、
手すりを取り付けて転落を防止しましょう。
手すりを設置すれば、とっさのときにつかまることができます。
設置すれば、転倒・転落を防止に高い効果があります。

・手摺には下地補強
手すりにつかまったのに、身体を、
支えきれなかったという事例もあります。
手すりをつける場所には、下地補強が必要となります。
手摺は、下地補強のある壁に、固定させましょう。

・手すりを取り付けるのは左右どちら?
階段の事故は、下りのほうが多く起こります。
理想は両側に設置ですが、片側のみに手すりをつけるときは、
下りの時に、利き手側になる方に取り付けるようにしましょう。
posted by moenonies at 20:23| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

子供が骨折した時の症状・対策

子供が骨折した場合は、大人の場合と同様、
骨折した部分が、動かせなくなります。

私もマッサージ 渋谷で、働いていたときに、
誤って骨折したことがあるので、その痛さが良く分かります。

腕や脚を骨折すると、
骨折した部分に力が入らなくなり、
腕を、だらりと垂らした状態や、
座り込んで、起き上がれない、
といった状態になります。

また、完全に断裂(ポッキリと折れる)の場合は、
骨折部位は、明らかに変形して、ひと目でそれと分かります。

完全な断裂や破砕(細かく砕ける)による骨折は、
内出血が起こり骨折部位が変色して、
やがて、腫れ上がってきます。

ただし、骨折部位が、腫れ上がるまでは、
皮膚の変色が、単なる打撲による
「あざ」くらいにしか見えないときもあります。

また、「ひび」が入った状態のときも、
程度によって、骨折と判断できない場合があります。

しかし、このような場合でも、
骨折部位を押すと、打撲とは思えない大きな痛みを感じます。

心地よく東京 出張マッサージを受けるには、
骨折なんてしていたら、ダメですよね。

大きな痛みを感じる時は、骨折の可能性を疑って、
できる限りの応急処置を行なって、
病院へ連れてゆくか、救急車を呼びましょう。

骨折かどうか判断できないときは、
すぐに応急処置を施すのが、救急治療の原則です。

もし骨折を見逃してしまうと、
症状が悪化して大きな手術が必要になったり、
後遺症を残したりすることになります。
posted by moenonies at 20:04| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

膝の怪我、膝靱帯損傷の克服

膝靱帯は、一度怪我してしまうと、、
古傷として、一生持ち続けると言われています。

大好きなスポーツを思いっきり楽しむためには、
テーピングやサポーターを、上手に使用して、
膝に極力負担がかからないようにする事が大事です。

テーピングや、サポーターを選ぶときは、
膝のどの場所を守るかによって、
その種類が変わる場合があるので、注意しましょう。

また、運動の前には、準備運動をしっかりして、
筋を伸ばすことが大切になってきます。

もし、伸ばしてみて痛みが出るようであれば、
靱帯が硬くなっている証拠です。

こまめに、慎重に伸ばしていきましょう。

膝靱帯の悪い部分は、筋力トレーニングすることで、
膝関節の負担を、減らることができます。

膝の靱帯を、切るなどの怪我をした、
スポーツ選手などは、周りの筋肉を鍛えることで、
膝の怪我を克服する人がいます。

二度と膝の怪我を、再発しないように、
身体に変えていきましょう。
タグ:膝の怪我
posted by moenonies at 19:26| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

ドアに指を挟んだら

指の怪我の中で、多くみられるのが、
突き指や、ドアに指を挟むケガです。

誰でも、一度は、車や冷蔵庫のドア、
たんすの引き出しなどに、指を、挟んだ経験があると思います。

挟んだ箇所が、傷もなく少し腫れている程度なら、
水で冷やすだけで大丈夫です。

もし、挟んだ指が、かなり腫れていたり大きな痛みを伴う場合は、
骨折や脱臼などの可能性もあるので、すぐにケアしましょう。

ケアの方法は、まず、氷などを入れた、
洗面器のなかにケガをした手を入れて冷やします。

20〜30分くらいは冷やし下さい。

それから、指に副木を当てて、包帯で固定します。

その後、あまりに痛みがひどい場合は、
骨に異常がある可能性があるので、病院を受診しましょう。

もし、挟んだときに、血まめ出来たり、爪の中で内出血している時は、
余計なことはしないで、病院で治療を受けるほうが安全です。

まれに、ドアに指を挟んだときに、爪がはがれる時があります。

そんな時は、きれいに切り、消毒したあと、
抗生剤入りの軟膏を塗って、バンソウコウか、
傷が大きい場合は、ガーゼを当てて包帯をして病院に行きましょう。
posted by moenonies at 19:11| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

ダイエットの怪我対策

ダイエット中に、多い怪我は、何だと思いますか?

特に多いのは、運動を行っている最中です。

しっかりと、準備運動や、ケアをしていても、
運動で、怪我をするケースは存在します。

その為、リスクを低くする怪我対策は重要です。

突発的にダイエットを、始める人が多いですが、
日ごろ、あまり運動しない人が、
いきなりジョギングをすると、膝痛や腰痛に繋がる事も多いです。

自己体力と、運動強度のバランスが悪いと、
身体にかかる負担が、大きくなってしまいます。

ダイエットを、短期的に成功させたいという、
願望はわかりますが、怪我や体調不良を、
起こすこともあるので、怪我対策はしっかりとしましょう。

また怪我した個所を、かばうと、今度は違う場所に、
痛みが発生して、連鎖反応を起こすケースがあります。

ダイエットは、無理をせず、
自分の体力レベルを把握して、始める事が大切です。
posted by moenonies at 18:10| 病気・怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。