.title | oneline | remove_emoji | tag_strip %> " />

2011年02月01日

怪我を早く治す方法

料理中などの、ふとした時に、
指を軽く切ってしまった。

このような怪我(擦り傷や切り傷)をしたときは消毒する。

誰でも知っている常識かもしれませんが、
実は、最近この方法は間違いだったと言われています。

【PR@】マッサージ 高槻

最近は、傷の消毒や、ガーゼや
吸収パッド付絆創膏を当てるのも良くないとされています。

創傷治療の専門家である形成外科医の間では、
湿潤治療やラップ療法、またはうるおい療法と
呼ばれる新しい創傷治療法が注目されています。

【PRA】マッサージ 北海道

この方法は、従来の治療の真逆をいく方法で、
人間が持っている治癒力を活かして傷を早く治すという方法です。

湿潤療法で傷を早く治す方法は、いたって簡単です。

水道水で傷をきれいに洗い、
その後は傷を乾かさないように
ラップで被せて、縁をテープで留めてやるだけです。

あとは毎日、傷と周りを水洗いしてラップを交換するだけです。

傷を湿潤環境においておくだけで、特別な薬を使用しなくても、
通常より早く、きれいに痛みもなく傷を治すことだできます。

運悪く怪我をした時は、この方法で治療してみましょう。

傷の治りの早さに驚くと思います。
タグ:怪我
posted by moenonies at 16:33| 怪我の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。